僕の見た夢

 ・マリオのクリボーが証券取引所で株を売買していた。洪水が起き、証券取引所が浸水。そのため株価は下落し、2222.22ポイントになった。

 ・イシダイを釣った。夢だけど白黒のシマ模様がありました。

 ・様々な動植物を煮込んで薬用スープを作っていた。スープの中から2匹のサソリが飛び出した。

 ・スキーをしていた。ジェットコースターみたいに90度近い急斜面を猛スピードで滑った。

 ・「モンスターファーム2」のモノリスを育て、ワームと戦わせた。モノリスはライフは200ポイント台しかないが、丈夫さが高いから大丈夫だろうと思っていたが、一発目で多少ダメージを受け、反撃しようとガッツを貯めたところで超必殺技を受けてしまいしかもクリティカルになり、残りライフがあとわずかに。3発目の攻撃で倒された。その後鍛えなおし、丈夫さを徹底的に上げ、さらにアイテムのトロロンを使い命中を上げ、再度試合に出したが、トレーニングで疲れていたため、ライフが初めから少なくなっていた。

 テレビを見ていたら、横浜で震度8と震度10の地震が起き、グラグラと揺れた。

 ・GOOGLEのページランク表示が復活した。自分のウェブサイトのページランクを見た。ウェブサイト「競馬用語集」はページランク3だった。ウェブサイト「世界の気候」のページランク2を見たところで目が覚めた。

 ・2016・12・25〜26の夢です。  「ステップ地帯で乾燥と強風のため草原火災が起きた」という話が出てきました。あの糸魚川の大火災がついに夢に出た!?

 ・2016・12・29〜30の夢です。  ワシントンDCで地震が起き、アメリカ政府の建物の敷地内の池で津波が起きた。その池の真下が震源らしい。  現実ではアメリカ東海岸では地震はあまり起きませんが、2011年にはそこそこの中地震があったらしいです。震源に近いワシントンDCなどで被害が出て、NYも有感程度の揺れだったそうです。

 ・「自分のホームページのセキュリティ対策(不正な書き変えなどへの対策)を他の人にやってもらう」という夢を見ました。  実際僕はこの分野には詳しくないので、ハッカーの話とか聞くと、許しがたい犯罪行為とはいえある意味感心してしまいます。

 ・2017・2・3〜4の夢です。地震のニュースが入った。茨城県で震度5強。再び地震のニュースが入った。震源はアメリカ北東の内陸(五大湖の南あたり)。そこで目が覚めた。

 ・海外で地震が起こり、アルゼンチン・ブエノスアイレスがメルカリ震度9(日本でいえば震度6級)の揺れに見舞われた。南米大陸の東側は地震が少ないはずなので驚いていたら夢でした。

 ・催眠術をかけられた。顔に手を当てられ、「息を吐いたら催眠が解けます」といわれた。「催眠術なんて解ける以前にかからないじゃないか」と思いながら息を吐いたら目が覚めた。  2017・11・25〜26の夢です。

 ・中国の地図を見た。内陸のウルムチを見つけた。その周囲には中国の大地が広がっていた。

 ・2018・1・6〜7の夢です。  地鳴りのような音がした。テレビを見たら地震のニュースが入った。愛知県豊橋で震度5弱。愛知県各地で震度3。なぜかメキシコでも震度3。  目が覚めたら、本当にゴゴゴという音がしていた(暖房の音?)。あるホテルに泊まったときの夢です。

 ・2018・7・28〜29の夢です。  きれいなインコとオウムが出てきた。その後、オウム真理教が国家転覆後の通貨として作った「オウムコイン」が出てきて、「オウム真理教は国家転覆に失敗したからオウムコインは希少価値がある」といわれた。

 ・横浜で地震が起きた。崩れたビルの写真を見せられ、「震度7だって」といわれた。さらに地震のニュースが入った。震源は北海道東部内陸。さらに自分の部屋もガタガタと揺れ出した。

 ・潮干狩りをした。大きな白い巻貝やウミウシが取れた。

 ・2018・9・3〜4の夢です。  目の前で女性に話しかけられた。よく見たら桃乃カナコさんだった。その後、桃乃カナコのコンサートがあるので行ってみた。おばあさんと多数の観客がいた。「このおばあさんが桃乃カナコさん?」と思ったら本当の桃乃カナコさんが出てきて「心配ないよママ」を歌った。

 ・2018・12・22〜23の夢です。「俺は地元のお土産しか買わない。これがペルーのお土産だ」といっている人がいた。そこはペルーのリマだったので、「あれ、ペルーのお土産というよりリマのお土産だよね。沿岸のリマ、高地のクスコ、内陸のイキトス、これらは同じペルーでも全然違う気候なんだ。だからお土産も違うはず」と説明していたら目が覚めた。

 ・2018・10・27〜28の夢です。  岡本真夜のTOMORROWとFOREVERとALONEのヒットチャートデータを見て、ALONEは最高20位だけどロングヒットだったのか、と思っていたらALONEが流れた。夢の中で音楽が流れることはよくあります。この数日後も永井真理子のZUTTOが流れた。数か月前にも長渕剛のとんぼやドリカムのサンキュが流れた。だいぶ前だけど、「テレビにAZUSAさんが出てきて『真夏のフォトグラフ』を歌う」という夢を見たこともあります。

 ・父が運転する車に乗っていた。社内で岡本真夜のTOMORROWが流れた。外を見たら犬がいた。

 ・検索エンジンで「カブトムシ」というキーワードを検索したら、AIKOのカブトムシが流れた。検索エンジンが出てくる夢はよく見ます。GOOGLEのページランクが出てきたこともあります。

 ・検索エンジンで「google」というキーワードを検索した。見知らぬウェブページ(被リンクは少ないが、URL(各ウェブページ固有の「http://・・・」)の文字が「google」と似ている)が上位表示された。

 ・2019・1・28〜29の夢です。小さな黒いカニが泡を吹き、布団の下に潜って歩いた。

 ・すでに他界したはずの身内が生きていた。もしかしてマンデラエフェクトか、と思ったら夢でした。

 ・2019・2・27〜28の夢です。 1:大勢の人が集まっている部屋に入った。中島みゆきの「空と君のあいだに」が流れていた。上から針のついた長い釣り糸が垂れ下がっていた。その釣り糸を引っ張ったら、ちぎれて針がついた部分が人の頭の上に落ちた。 2:フィリピンの南に「ルソンやミンダナオより一回り小さい数個の島」が南北に並んでいた。こんな列島は見たことない。もしかしてマンデラエフェクトか、と思ったら夢でした。起きてから現実世界の地図を見たら、ほぼその場所にインドネシア領のサンギヘ諸島という小さい島々(夢に出てきたのは中程度の大きさの島)がありますが、これは「存在していたけど知らなかった」だけでしょうね。

 ちなみに、このマンデラエフェクトの真相は今のところ不明ですが、異世界(パラレルワールド)の記憶とも考えられるので、異世界らしき体験談などを調べていたら、この世、パラレルワールド、死後世界、夢世界の「4大世界」の区別がつけにくくなった。

異世界の動画異世界の写真を見つけました。

 また、パラレルワールドと異次元を混同している人が多いようですが、ちょっと違います。ひとことでいえば、異次元はこの世とは空間構造が異なります。パラレルワールドは普通、異世界ではあるが空間構造はこの世と同じ3次元と考えられています。

 詳しくいうと、「限りなく細い糸のような空間」が「1次元」、「1次元の空間を横方向に広げた紙のような空間」が「2次元」、「2次元の空間を上下方向に広げた空間、つまりこの世と同じ空間」が「3次元」(ただし、時間を1つの次元とみなせばこの世は4次元)だから、異次元は「糸や紙のような1次元や2次元」または「縦・横・上下に加え、別方向を追加した4次元以上」です。

 しかし、実はこの世も単純な3次元ではなく、ミクロ世界では9次元や10次元に近いなどといわれていて、さらに「ミクロ世界に死後世界が隠れている」という説も出ているので、よく調べたら、この世、パラレルワールド、死後世界、夢世界に異次元世界を加えた「5大世界」の区別がつけにくくなりますね。

 もしかしたら、「夢」が原因で異世界に飛ばされているのではないかとも思います。眠っているときに(肉体的にはそのままだが)意識というか魂が夢世界に行き、その後現実世界に戻ってくるとき、わずかなズレのようなものが生じて若干異なる世界へ行くことがあるのでは!?実際、眠っているとき「夢というより「もう一つの現実」のような世界」に行った(この場合は、この世と大きく異なる世界だったらしいので、現実世界に戻る際にわずかなズレが生じたのではなく、夢世界がそのまま異世界になったのでしょう。)とか、以前は異世界にいたが、ある日、朝起きたらこの世界にいた、という話を聞いたことがあります。

 ちなみに、僕自身は夢はよく見ますが、マンデラエフェクト経験はないですね。「もしかしたらマンデラエフェクトかも」というのがいくつかあるが、多分何かの間違いでしょう。

 

 マンデラエフェクト?例1 利尻・礼文島は以前はなかった気がする。1993年の奥尻島地震のとき、「こんなところに島があったのか」と思ったが、それ以降も2010年代中ごろまで利尻・礼文島は知らなかった。「北海道最北のそこそこ大きな島」という特徴的存在なのに、大人になるまで知らなかったのは不可解です。しかし、次の点を考えれば、多分「存在していたけれど気付かなかった」だけでしょうね。「日本には島が多いので、4大島(北海道・本州・四国・九州)以外は「小島」として認識されやすい」「そこそこ大きな島といっても北海道本島よりはかなり小さい」。また、利尻・礼文島だけでなく、ノシャップと宗谷の方にも違和感がある。ノシャップの方が少し北だと思っていたが、これも多分「ノシャップと宗谷はほぼ同緯度」という認識に、「日本最北は稚内(手元の地図ではノシャップの方に稚内市が書かれている)」という認識が加わったための勘違いでしょうね。地図に関しては、他にも一部違和感があるが、それらも無知やうろ覚えでしょう。

 マンデラエフェクト?例2 「地球は銀河系の端」という話を2回ほど聞いたことがあるが、大人になってから地球や太陽系の(銀河系内での)位置を調べたら、端とはいいがたい場所だった。変だな、と思っていたら、「以前は数万光年離れた銀河系の端にあった」という人たちが他にもいるらしい。地球や太陽系も銀河系内を動いてはいるが、もちろん光速でも数万年の距離を数年で移動するなどということは考えられない。だから、「地球の位置が異なる世界」に僕はいたのか!?、と思ったが、次の点を考えれば、やはり以前も同じ位置でしょうね。「現在の位置でも端と表現されてもそれほどおかしくない。なぜなら、端とはいいがたい場所といっても、銀河系半径を1メートルとすると、ど真ん中からは50センチは離れている。そして、銀河系の星は中心部に密集している。だから、地球のある場所は、都心のビル群から離れた郊外のような場所。」

 マンデラエフェクト?例3 1997年に愛知県豊橋で震度6の地震があり、その後「震度6にしてはたいしたことなかったな」と思ってその地震について調べたら、いつの間にか「震度5強」になっていた。震度6というのは(地震直後にテレビで)1回聞いた記憶しかないので、やはり何かの間違いでしょう。(例えば、地震計による正確な震度は5強だったが、何らかの理由で体感的震度が表示された。ちなみに、この前年(1996)までは普通に体感的震度が表示されていたようです。)

 マンデラエフェクト?例4 最近、キーンという高い音(モスキート音というそうです)が聞こえるようになった。調べてみたら、若いころ聞こえなくて30才以上になってから聞こえるなどということは普通考えられないらしい。もしかしてマンデラエフェクトで高い音が聞こえることになったのか?と思ったが、おそらく次のどちらかでしょう。  1:本当は以前から高い音が聞こえていたが、聞く機会があまりなかったため、聞こえなかったと思い込んでいるだけ。  2:「30を過ぎてから高音の聴力が回復する」という特異体質を僕が持っている。

 超常現象的なマンデラエフェクトが本当にあるとしても、本当の異世界か、それとも何らかの方法で何者かが記憶が書き変えているだけか、という問題がありますね。記憶の書き変えだとしても、それはそれで驚くべき現象だと思いますが。

 

女性歌手 

競馬用語集

世界の気候

釣り日記